紙の漫画本の利点、立ち読み出来る書店もある

main-img

漫画は最高のエンターテイメントです。


パソコンゲームやスマートフォンの動画アプリ等が世間では流行っていますが、漫画は依然として娯楽の王様です。

幅広い分野の視点から漫画の立ち読みに対して関心度が高まっています。

紙のコミックであれば、バッテリもコンセントも不要です。


極端な話ですが、災害で停電してしまっては、お気に入りのパソコンゲームも、スマートフォンのアプリも楽しめなくなります。


一方で紙の書籍なら電気が無くても全く問題はありません。
また電子書籍とは違い、実物があるため、所有している満足感に浸れます。
更に興味が無くなってしまった漫画本は古本屋に売却出来ます。


電子書籍が流行っていますが、この点において紙の書籍は完全に上回っています。



電子書籍だと、いわゆるハズレの本を買ってしまった時、売却する事が出来ません。

また購入した電子書籍はアカウントに永遠と残り続けるため、興味がないコミックが永久に表示されたままです。一方で紙の書籍なら買うのも楽ですし、売るのも自由自在です。



また書店によっては漫画本が自由に立ち読み可能です。
販促活動の一環として、漫画の大まかなストーリーを解説した小冊子が立ち読み可能であったり、書店側のサービスで1巻が丸ごと立ち読みOKになっている場合もあります。電子書籍でも立ち読みは可能ですが、冒頭の一部分だけしか読めず、作品のポテンシャルや作者の癖などが分かりません。

書店で立ち読みさえすれば、作品の方向性や作者の絵柄、趣味などが分かり、お買い物を失敗せずに済みます。


電子書籍のわかりやすい情報

subpage01

文字ばかりの小説を読んでもなかなか内容が理解できないのが文学作品です。古典作品は旧字体や仮名遣いとともに、表現が難解で読みづらいところがあり、内容を理解するまでに相当な時間がかかります。...

more

電子書籍の大人の常識

subpage02

まんがは、昔から大衆の娯楽として読まれてきた本になります。ジャンルも多く、劇画、ギャク、恋愛、格闘、スポーツなど嵌る作品も多いです。...

more

電子書籍のテクニック

subpage03

古典と呼ばれる文学作品が手ごろな価格で発売されているものの、読書に時間を割くのは、現代社会において中々難しいところです。名作文学を知識として取り入れておきたいという気持ちはあっても、一般的な書物に比べると読みづらく、物語の時代背景が古すぎたりして現代の感覚からすると、現実味に乏しいといえます。...

more

電子書籍をもっと知る

subpage04

まんがで読破は、タイトルは広く知られていても、なかなか読まれていない世界の名作文学を漫画化した、コミック文庫シリーズです。シリーズの累計、350万部を越える人気のシリーズなのです。...

more